航空機業界の動向予測, 運航

サステナビリティ目標がCiriumの最新ドローン技術プロジェクトを後押し

January 19, 2022

UTM分野の業界リーダーが集まるコンソーシアムとともに、イギリス領空内で自律型ドローン技術の研究と試験を行います。

私たちは、気候変動の課題に取り組み、サステナブルで先進的な未来の創造に向けて努力し続けたいと考えています。そこで、これまでさまざまな主要研究プロジェクトと提携し、新しく画期的なデータ研究をサポートし、ドローン利用の拡充と最適化のための技術的ソリューションの開発に注力してきました。

Ciriumは今後、UTM(無人機運航管理)分野の業界リーダーが集まるコンソーシアムとともに、イギリス領空内で自律型ドローン技術の研究と試験を行う予定です。これは、経済成長を促しながらも、貨物を効果的に輸送し、温室効果ガスの排出を減らすことにつながります。

この技術革新に関する最新の進捗状況をご確認ください。以下で、Ciriumが参加している各種プロジェクトへのリンクと、私たちがどのようにドローンの利用増大を下支えしているかをご紹介します。

ATOMICUS

Ciriumが支援しているこの野心的な研究開発プロジェクトは、従来の旅客機と同様に、商用ドローンを空港で利用できるようにすることを目指しています。ATOMICUSとは、「高度運航組織および自動制御貨物無人操縦システム(Advanced Traffic Organization and Management of Intelligent Cargo Unmanned Systems)」の略であり、イギリス政府から3,000万ポンドの助成を受けているプロジェクトです。その目標は、自律型ドローン技術がイギリス国内空域領空内で利用できるようにし、医療用品や航空機のスペアパーツなどの物資の輸送をサポートすることです。

このプロジェクトの研究フェーズが完了次第、カーディフ空港とセント・アサン基地周辺で最初のプロトタイプの模擬飛行が行われます。

Ciriumはイギリス国内においてドローンを活用し、時間的制約のある高額な物品をかつてないほどに速く、しかも二酸化炭素排出量を低く抑えながら確実に輸送することにより、サステナブルな開発の分野で再び航空業界をリードすることを目指しています。

ATOMICUSプロジェクトの一環として、Ciriumは利用率の低いイギリスの150ある飛行場のネットワークを活用し、経済成長を実現すると同時に道路を走る車両の数を減らすことを計画しています。

Fly2Plan

Ciriumは、空港でのドローン利用の最適化を目指すプロジェクトにも参加しています。このプロジェクトはヒースロー空港が主導し、政府が後援しています。「Fly2Plan」と命名されたこのプロジェクトでは、航空業界の主な専門家たちでつくるコンソーシアムが、クラウドインフラやブロックチェーンといった新技術を通じてヒースロー空港のデータをより効率的に活用することで、どのようにイギリス領空内での自律型ドローンの利用機会を開拓できるかについての洞察を得ることができます。

これは、Ciriumの膨大かつ詳細なフライトデータを活用するまたとない機会となります。このデータが、二酸化炭素排出量の削減、運航コストの節減、空港の効率性の改善につながる可能性を秘めた新しく画期的な研究コンセプトをサポートします。

Ciriumは、フライトデータへのアクセスを提供することで、UTMを支援するデータ交換の新たな方法を理解して再構築できるよう支援します。将来的には、研究コンセプトのライブデモンストレーションに取り組むことを目指しています。長期的な目標は、そのコンセプトを航空業界に広く行きわたらせることです。

NOTAM

「NOTAMとは何か、また誰がそれを利用するのか?」といった情報から、ナビゲーションのための正確なリアルタイムのデータに至るまで、Ciriumは広範な情報を提供し、ドローンが安全に低高度の空域で飛行できるようにします。

Ciriumの専門家は、全ライフサイクルを通したサポートとジオメトリを伴う拡張的でグローバルなNOTAM情報のフルセット、つまり高品質な航空データセットによって強化されたNOTAM情報を提供することが可能です。無人航空機システムの開発者に対しては、空域とその制限および関連事象について、完全かつグローバルな最新情報を提供します。

UTM対応データ

Ciriumは、UTMに関するすべてのニーズに対応する広範なデータを保有しています。私たちはデジタルトランスフォーメーションとドローンのグローバルな空域への導入を可能にするために、機械可読で空間的に強化され、アクセスも容易なNOTAM、飛行制限空域(TFR)および空域データを提供することができます。

Ciriumの信頼ある安定したデータにより、豊富な情報に基づく、安全で正確な無人飛行プランニング体験が可能となります。CiriumのUTMサービスの範囲をご覧になるには、こちらのリンクをクリックしてください。

電気航空機のルート実現可能性

Ciriumが有するSRS Analyserなどのツールは、メーカーが経済的に実現可能なルートをモデル化したり、初期のネットワークプランニングを行い、最初の都市ペアを探し出して航空移動構想やトライアルサービスを立ち上げたりする際に利用されています。既存の入り組んだ道路輸送や短距離フライトに代えて高効率の小型電気航空機輸送を導入することは、新しい地域間旅行ルートを開拓するための経済的かつサステナブルな方法となる可能性があります。

RELX logo