新型コロナウイルス(COVID-19)による航空業界への影響

航空業界におけるコロナウイルス大流行の影響を可視化と分析で探索

CiriumではCirium Coreのデータセットと社内エキスパートチームを駆使し、新型コロナウイルスによる渡航や観光へのグローバル影響を綿密に分析しています。世界中の空のダイヤの乱れに関するインサイトに加え、航空会社や空港にとってのインサイトの意味を考察いたします。 状況が急速に変化し続ける中、業界全体の動きを把握するにはアナリティクスの可視化が益々欠かせませんデータと実用的なインサイトを手にすることで、航空業界が迅速に問題に対応し、より質の高い解決策に到達できるよう、お手伝いさせていただきます。 フライト状況と運航スケジュールデータの二つのデータセットを融合すると、何が目に見えるようになるのか。その内容を紹介した弊社のデータ可視化をまずご覧ください。

Ciriumアイデア:新型コロナウイルスによる航空業界への影響

2020年1月1日以降、中国国内線および国際線における影響を考察しています。

Explore aviation visualizations and analyses

 

2020年1月1日から4月26日にかけて、中国発着の国際定期便数は50%減となり、同期間中に運航が予定されていた146万9786便のうち、実際に運航したのはわずか73万9113便でした。上記の期間で、影響を受けた中国発着の国際線は合わせて73万0673便に相当します。

弊社では、中国以外の分析もご案内しております。以下、航空業界全体に及ぶ新型コロナウイルスの影響について綿密なインサイトをまとめています。

[航空業界]

[政府関連]

  • 新着動画 : 弊社エキスパートのJoanna Luが、新型コロナウイルスの視点で航空業界への政府支援について考察します。

[世界的な運航の乱れ]

  • 最近の投稿新型コロナウイルスによる米国および 欧州の渡航への影響について
  • 動画Ciriumのエキスパート、Henk Ombeletが新型コロナウイルスによる航空路線の運航に対する影響について当時の状況を解説します。
  • 2月21日付プレスリリースCiriumによる新型コロナウイルスの分析により、20万便以上の欠航が判明
  • 1月31日付プレスリリース新型コロナウイルスにより中国本土を発着する1万便が欠航
  • 最近の投稿すぐに分かる10の事実: 新型コロナウイルスが及ぼす航空路線の運航へのグローバル影響

[保管中の航空機]

  • 最新レポートCiriumでは、保管中の機数を日々モニターしています。2020年4月14日の時点で、世界中のフリート稼働率は38%にとどまっています。

[航空機関連]


業務提携先に関する情報:

Elsevier Information Center ‐ Ciriumが航空市場への影響に関するインサイトの提供に取り組む一方、同じくRELXのアナリティクス企業Elsevierでは、新型コロナウイルスに纏わる関連記事を収集しています。 IATA(国際航空運送協会)による安全衛生に関する情報 WorldAwareによるインテリジェンスおよび情報センター


新型コロナウイルスに纏わる報道関係のお問い合わせは、 下記までお願いいたします。

rachel.humphries@cirium.com又はtracy.cheung@cirium.com (APAC)


Japanese translation completed based on website content as of 1300 on April 29, 2020 (JST).

この和訳は2020年4月29日1300 (JST)時点のサイト掲載内容をもとに最終更新されています。

御社の成功をお手伝いするCiriumのソリューションについて詳細を紹介しています。

ソリューションを見る