航空業界の計画策定リードタイムにゆとりをもたらすMarket Alerts

Cirium Market Alertsなら、市場の需要変化に対応できる上、競合他社のインサイトを毎日入手し、民間機の計画策定や空港のビジネス展開に活かすことができます。

変化の多い不安定な市場では、せっかく立てた計画もあっという間に陳腐化してしまいます。回避すべきリスクはいくつかありますが、最新情報に追従することは不可欠と言えます。では、変更の最中に置かれた関係者らは、どうすれば状況の舵取りができるのでしょうか。答えは、時間のゆとりを自分達のために作ることです。集中すべき事が確実に分からない場合、検索や計画立案のために割いた5分間がまるで永遠のように感じられます。乗り遅れた理由が、航空会社の変更情報を見落としたからでなかったとしても、未来を見通せなかったことは悔やまれるでしょう。

航空業界のように変化と競争が激しい業界では、市場の動向に遅れず、迅速に対応することが必要不可欠です。ここで少し立ち止まって、仮に貴社の業務プロセスで早期通知を活用できたら、どんな可能性やプラス面があるかを想像してみてください。モバイル対応の市場アラートを味方に付け、予測不可能な変更情報に追随できたら、素晴らしいと思いませんか。もはや、手動レポートや利害関係者からの連絡に頼る必要はなくなります。

ワークフローの付加価値を高めるために、変更に対し自ら舵取りを行うチャンスです。

5 alerts to build now

 

Market Alertsに関する詳細を紹介しています
Market Alertsに関する詳細を紹介しています

アラートの仕組みについて

Ciriumではお客様の声に耳を傾け、お客様すなわち貴社のニーズに合った製品を創り出しています。

Market Alertsに関する詳細を紹介していますお客様は、最も重要な詳細を見極めなければなりません。また、各運航ダイヤのデータ最新情報の中で、お客様が重視している領域に当てはまる変更情報を確認しなければならないことも、弊社は理解しています。アラートを活用すれば、情報探しや変更情報の手動追跡に貴重な時間を割いたり、さらに悪い場合は、情報連絡を待つ必要もなくなります。

世界中のプレッシャーが高まる中、お客様は今すぐに情報を必要としています。好ましいことに、変更情報の詳細を確認していただけるよう、Ciriumでは日々のアラート発信を行っています。

法人アカウントのご登録はこちらから必要かどうか、まだ悩んでいらっしゃいますか。

アナリストやプランナーの方は、日常業務の中でデータの影響を受けています。

タイムリーで、かつ詳細なデータがあれば、ご自身のチャンスがより明確になります。

タイムリーなアラートならではの差

市場のチャンスを見抜く

貴社が航空会社だったと仮定しましょう。そこで、競合他社が欠航になった、あるいは市場撤退したとします。こういった情報を早い段階で把握できたら、貴社にとって収益管理面のメリットはあるでしょうか。ネットワーク計画立案者は、機材リソースを配置する際に市場候補のリストアップ・選択を行いますが、より多くのデータポイントが必要であり、常に悩まされています。競合他社が一定の日付範囲内で何便変更したかを確認することができれば、貴社独自の戦略を練り直すのに必要な詳細を手に入れることができます。

また同様に、空港別のダイヤ分析から得たインサイトにより、行動を起こすチャンスが生まれる可能性もあります。航空会社のキャパシティ変化を監視する航空サービス開発の幹部であれば、航空会社の有効リソースを競争相手の空港以上に確保することが可能となります。チャンスを見抜くには、詳細をつかむだけでなく、タイミングもぴったりと合わなければいけません。結果を管理するには、まさにそのコントロールが必要です。

インフラ配置の計画を策定

空港運営者は、日々究極の難問に頭をしぼっています。例えば、担当する空港の航空会社が、事前連絡をせずにスーパー・ジャンボ機への大型化を実施した場合、どう対処すればよいでしょうか。思いがけない大型機の到着により、ゲート、スタンド、ベイの配置、ターミナル内の乗客の流れ、乗客にとっての体験、また空港システムにおける全体的な非効率といった視点から、物流の悪夢が生じます。機材の最新変更情報を把握できるワークフローを整備することで、変更によるドミノ現象を全体的に緩和することができます。

ゆとりのあるリードタイムを活かして計画を練り直す

空港は、グランドハンドリング、燃料給油、ケータリング、エンジニアリング、MRO(整備、修理、点検)、地上輸送といった物流エコシステム全体の中心にあります。どんなサービス提供者も、高品質を保ち、正確な予測を立てられるよう、リードタイムを最大限に与えられてしかるべきです。貴社の顧客が翌月増便を予定している場合、その情報を早めに把握していれば、間際にスタッフ増員に追われることもありません。

所要リソースを予測するには、様々な情報源のデータが必要となります。障害点を軽減するポイントは、航空会社に纏わる詳細の情報源を全て一元化することです。空港では税関、出入国管理、保安に携わる様々な役割があり、増便やそれに伴う乗客の対応に必要な人員、訓練、機材の手配が常時求められます。対象を絞ったクエリにより、多種多様な変更情報を監視することで、計画策定のリードタイムにゆとりを生むことができます。乗客者数の伸び幅が最も高い出発地を把握する場合は、対象空港行の便の出発地に特化して変更情報を監視してみると良いでしょう。時間にゆとりを持って対応し、事実に基づいた意思決定を行うための正確な詳細を入手することで、変更に対して自ら舵取りをすることができるようになり、計画策定や予測が効果を発揮するはずです。

傾向を追跡し、効果を判断

株式調査部やヘッジファンドのアナリストの方であれば、予測や提案に調整を加えるために市場動向を綿密に追跡されるかと思います。予測に遅れや誤りがあった場合、極めて大きな代償を払うこともあります。

見定める傾向の視点がミクロの場合もマクロの場合も、着目するポイントが分からなければ、動向の追跡が難航することが考えられます。必要に応じて操作できるよう変数を1ヵ所に集約することで、多種多様なシナリオを考慮した検索も簡単に設定することができます。コンプライアンスの視点においても、リードタイムを最大限に活用することは重要です。当局は、業界内企業の監視・監督を保つために、特定の空港や航空会社における異常事象の影響度を追跡することができます。内部の活動を市場に照らし合わせる場合も、変更の監視を行う場合も、お役に立てるはずです。

収益、リソース、プロセスをいかに最適化するかが貴社の強みとなります。データを監視することで、タイムリーな情報を駆使し、最適化のステップアップを図ることが可能となります。実に、貴社の競争力を高めることにつながります。

チャンスをつかむために – Ciriumは貴社のお手伝いをいたします

 

新型コロナウイルスに関するデータ:航空業界でのフライト変更、欠航、 運航の乱れに関する最新情報を紹介しています。

アナリティクスを見る