航空機投資, 航空機業界の動向予測, 運航

有効な予測によって不安定な航空燃料需要に対処する

April 28, 2022

乱高下するジェット燃料需要が、航空業界に大きな混乱をもたらしています。航空会社や燃料供給企業にとって、効率性を高めてビジネス機会を得るための鍵になるのは、正確な予測です。

新型コロナウイルスによるパンデミックの発生以来、ジェット燃料のコストは上昇し続けていますが、そこにロシアとウクライナの間の紛争が勃発し、価格はさらに最高値を更新しました。2022年4月の最初の週、ジェット燃料のJet A-1は、1バレルあたり160ドルを突破して最高値を更新しました。その高い価格変動性は今、長期的なトレンドになっているようです。

一般的に航空燃料は、航空会社の運営コストの22~24%を占めています。燃料の配送時の障害、関連業界の動向への対応の遅れ、そして需要のわずかな変化でさえ、燃料供給企業に数十億ドルものコスト負担をもたらし、航空会社の運営コスト管理に重大な影響を及ぼす可能性があります。

効率性を最大化するためには、燃料のサプライチェーン全体を通して、市場の摩擦要素を取り除くことが不可欠です。燃料生産者、貿易会社、販売業者が、世界の燃料供給・分配ネットワークは需要の変動性に良好に対応できるということを保証するにあたっては、航空機運航に関する正確かつタイムリーな情報が役立ちます。履歴データと先見性のあるデータの両方にアクセスできれば、需要の予想、利益を生む価格設定、予期せぬコストや障害の回避がより容易になります。

データを活用した効果的な変動性のプランニングと管理

正しいデータを活用することは、効果的なプランニングやベンチマーキング、ビジネス機会の発掘のための最初の一歩となります。これにより、燃料需要の変動性を管理するベストプラクティス(最善策)を実行に移せるのです。

例えば、Ciriumのゲートツーゲート(フライト全体)の包括的な運航データによって、燃料供給企業は燃料使用に影響を与える条件の調査と特定を行うことができます。そのようなデータには、滑走路の混雑やスケジュールにない航空機の発着が引き起こす上空での運航遅延のデータが含まれています。

また、天候に起因する遅延、ターンアラウンドタイム、滑走路滞留時間といった日常的な事象について、空港とフライトのレベルで追跡しています。こうしたデータを使って、空港や航空会社、運航地域ごとに燃料効率や需要トレンドを把握し、データモデリングを向上させることができます。

燃料燃焼と機材効率を監視する燃料・排出データも必須です。燃料供給企業はこうしたデータを活用することで、粒状の機材・乗客データを基に、幅広い予測をさらに奥深く行うことが可能となります。正確性を向上させ、背景にある情報を付加するとともに、各種トレンドを特定できるようになるのです。

各航空会社の稼働スケジュールを追跡するためには、スケジュールデータも必要となります。変動性により適切に対応できるようにするためには、スケジュールの変更、新規路線、そしてフライトパターンについても、認識しておくことが重要です。これらの要素はすべて、個別の地域または世界的レベルで需要に影響を与える可能性があります。

フリートおよび現状に関するデータ(Fleet and Status Data)」を活用すると、ユーザーは設備、フリート展開、燃料効率についてモニタリングできるようになります。このデータは、運航されている機材、地上待機中の機材、燃料補給を必要としている可能性のある機材の場所を継続的に追跡する上で欠かせません。

Ciriumの燃料需要予測

Ciriumは、その業界随一の正確な燃料燃焼モデリングを、物理的機材からフライト運航、旅客情報までをカバーする総合的なデータセットに当てはめることにより、世界の燃料需要の予測とジェット燃料の価格予想を行う唯一無二の存在となっています。

当社の専門家たちは、これらのデータセットを組み合わせて、燃料供給企業のためにオーダーメイド型の予測を行っています。この予測により、エンドユーザーの需要の変化を予想し、サプライチェーンマネジメントを最適化するとともに、ビジネス機会を特定することが可能です。


当社の燃料需要予測が企業・組織に恩恵をもたらす仕組みについてもっと知りたい方は、デモをリクエストしてください

RELX logo