データを活用して空港のゲート使用率を最大化させることで空港業務の信頼性と旅客の満足度が向上

Ciriumのマネージドクラウドソリューション「Cirium Sky」を利用すると、空港や航空会社は 空港での業務効率に影響を及ぼす問題や、ゲート使用率の最大化に必要なデータにアクセスできます。
Jim HetzelJim Hetzel、Ciriumプロダクト管理責任者

旅客の需給動向に対応するための戦略において、空港のゲート使用率の把握とその最大化は、空港と航空会社が業務効率や収益性を高め、最高の旅客体験を提供するにあたって極めて重要な役割を果たします。

ゲートを有効活用するためには、旅客と航空機を迅速かつ効率的に誘導することが欠かせません。しかし実際には、空港のサービス開発プランナーや航空会社の路線計画担当の多くがこれらを上手に実現できずにいます。では、何が障壁となっているのでしょうか?

まず注目すべきは、米国で広く採用されているゲート利用のシステムが、北米以外の空港や航空会社では通常適用されていないということです。米国では、ほとんどの大手航空会社が空港の特定のゲートをリース契約しています。例えば、デルタ航空が1~50番ゲートに専用ターミナルを設けている場合。このエリアはデルタ航空一色になり、そこにはデルタ航空のスタッフが配置されます。この場合、デルタ航空は割り当てられたエリアを全面的に管理することができる一方で、そのエリア以外ではほとんど活動できません。

北米以外の空港のゲートは、通常はリース契約ではなく共用されているため、柔軟性を確保できます。例えば、あるゲートが塞がっていた場合、航空会社は別のゲートに変更することができます。こうした世界の空港では、ゲートの使用率を改善する必要がある場合、旅客の往来や旅客数に適切に対処するために必要なデータやインサイトを得ることに重点が置かれます。しかしながら米国では、航空会社は別の航空会社によってリース契約されているゲートが利用可能な状態であったとしても、使用することはできません。そのため、米国の空港でゲートの使用率を改善する場合の優先課題は、リース契約しているゲートの中で旅客の流れに合わせて効率的に使用できるようにすることと、空港での飲食店や小売店の売上を最大限に伸ばすことができるようにすることです。

とはいえ、包括的なリアルタイムデータが存在しなければ、世界中のあらゆるマーケットで空港と航空会社の両方の業務にマイナスの影響を及ぼす可能性があります。

 

空港にとっての不安材料は?

信頼できるデータがなければ、複数の業務分野で盲点が生まれ、空港は収益を最大化することができなくなります。多くの場合、空港は航空会社によって提供されるデータレポートを頼りにしていますが、そのレポートからでは全体像を掴みきれない場合があります。航空会社の自己申告が、必要とされるインサイトを提供してくれるとは限らないからです。また、空港が必要とする情報には変動的な要素が非常に多いため、それらをすべて(タイムリーに)提供するのは航空会社にとって無理難題だとも言えます。こういった「データギャップ」はあらゆる点において問題を引き起こします。その問題には以下のものがあります。

  • 空港内の旅客の流れのピークに応じて効率的に人員を割り当てられない可能性があります。この場合、すべてのスタッフに影響を及ぼすことになります。
  • フライト情報の報告が遅れたり、不正確あるいは不完全であったりすると、正確な請求書の作成や、着陸料・その他の空港使用料の照合に影響を及ぼす可能性があります。
  • 適切なグランドスタッフを適切な場所に適切なタイミングで配置するには、どのゲートがどの機種の航空機によって使用されているのかをリアルタイムで的確に把握することが不可欠です。そうしないと空港業務が非効率的になります。
  • 旅客の現在地や着陸ゲートを正確に把握できなければ、旅客体験の質が低下します。
  • 米国の空港の場合、航空会社とリース料を交渉する際、航空会社の実質的なゲート利用状況を把握することができません。
  • 旅客の流れを最大化して小売店や飲食店の収益につなげる空港設計プランを立てることができません。

 

航空会社にとっての不安材料は?

スムーズで効率的な旅客体験の提供、そして適切な人員配置という観点で、航空会社には空港と同様の問題が生じます。航空会社は、適切な人材が適切なゲートに配置されているかどうか、ゲートがワイドボディ機などの特定の航空機に最も適しているかどうかを知る必要があるのです。

 

Cirium Skyはこうした問題をどのように解決するのか?

Cirium Skyは、空港と航空会社の業務信頼性に影響を及ぼす問題の特定と管理に役立つあらゆる関連データを提供します。単一のデータ元から3つの重要なデータフィード(スケジュールデータ、現在と過去のフライトデータ、フリート情報)を提供し、旅客の流れのピークをあらゆる角度から検証することができます。「多くの旅客が空港に到着するのはいつなのか(日にちと特定の時刻)」、「最も混雑するのはどのゲートなのか」についても知ることができます。そして、Ciriumのデータソリューションは包括的かつ公平です。

  • Cirium Skyは空港の業務計画を次のように支援します。
  • 最も混雑しているゲートに適切な数のスタッフを割り当て、業務をより円滑に進められるようにします。
  • 航空会社を適切なゲートに誘導し、ボトルネックを回避・軽減します。
  • 航空会社に対してゲートに一番近い駐機場を提供し、ゲートまでの歩行距離を縮めます。
  • 旅客数と予想される彼らの消費額に合わせて、小売店・飲食店の場所、販売商品の種類、スタッフの人員配置の計画を立てます(例:国際線利用客は国内線/短距離線利用客よりも消費額が高い)。

 

航空会社のメリット

Ciriumが提供するデータとインサイトにより、航空会社は自社の航空機が地上駐機されている時間や各ゲートで離発着する1日当たりの便数を把握することができるため、次のことが可能になります。

  • 推定される旅客の流れをリアルタイムで追跡し、ターンアラウンドを迅速化・効率化します。
  • 米国の航空会社の場合、リース契約しているゲートの実質的な利用状況を把握し、利用率の低いゲートがある場合、空港とリース料を再交渉します。航空会社はリース契約しているゲートから1日当たり4~6便の離発着を目指しているため、1日に1便しか利用されないゲートは、費用対効果が高いとは言えません。
  • すべての提携航空会社や競合他社における、地上走行時間、混雑状況、停留時間、ターンタイムなどの過去の業務パターンを分析します。

 

今すぐCiriumのデータをご活用ください

Cirium Skyでは、ゲート使用率の改善に必要なデータに加えて「The Cirium Core」の最重要データにも即時アクセスできます。

航空会社向けユースケースシナリオには、地域や航空会社のパートナーと共にシームレスな業務を遂行し、ブロックタイム競争力の高いベンチマークを分析・調整するためのデータが含まれます。

Ciriumの専門家チームへ

お問い合わせはこちら