お問い合わせ
お問い合わせ
Vector image of plane

即時分析, 航空機業界の動向予測

即時分析:パンデミック以降の世界の大手航空会社の成長状況は?

September 26, 2022

世界最大の航空会社グループのキャパシティの推移(2022年第3四半期)を見てみましょう。

Cirium Aviation Analytics - on the fly

パンデミック以降の世界の大手航空会社の成長状況は?

世界最大の航空会社グループはどこでしょうか?パンデミック以降、キャパシティが増えた航空会社はどれくらいあるのでしょうか?こうした疑問に答えるため、私たちは今年8月中旬時点の「2022年第3四半期の座席キャパシティ」ランキングを作成し、世界の大手航空会社上位25社を分析しました。また、この25社がパンデミック前の2019年以降の成長率において、どうランク付けされているかも示します。

世界中の航空業界関係者が利用する業界最高峰の航空会社プランニングシステム「Diio by Cirium」のデータを見ると、座席数で最大の航空会社であるアメリカン航空でも、2019年の同じ時期と比べると、やはり現在はかなり規模を縮小させていることが分かります。

対照的に、ヨーロッパのウィズエアーインディゴライアンエアーは、大幅にキャパシティを増やしました。トルコ航空サウスウエスト航空、そして買収劇のあったジェットブルー航空とスピリット航空(合計)も、パンデミック以降、キャパシティを増やしています。中国南方航空は、関連会社の厦門航空の伸びに支えられ、若干の増加となりました。一方、エミレーツ航空は、座席キャパシティの点で、2019年同期と比べてまだ3分の1近くの規模です。

中国南方航空に厦門航空の数字が含まれているように、ルフトハンザ航空にもスイスインターナショナルエアラインズ、オーストリア航空、ブリュッセル航空、ユーロウイングスなどすべての子会社の数字が含まれています。中国国際航空には深圳航空の数字が含まれています。エールフランスKLMにはトランサヴィア航空の数字が含まれています。ライアンエアーには、区別可能な航空運送事業許可を有するすべての関連航空会社の数字が含まれます。その他も同様です。

では、ウィズエアーのアブダビでの運航事業のようなジョイントベンチャーの場合はどうでしょうか?私たちは、今回はそうしたケースを含めないことを選択しました。しかし、皆さんがDioを利用する場合には、含めるかどうかを自分で選択できます。実際、Dioの航空会社グループ化機能を活用すれば、航空会社コードをグループ化したものを作成・保存することができるため、航空会社の集合体のデータを引き出すのに便利です。今回の分析では、例えば、ジェットブルー航空とスピリット航空(IATAコードB6とNK)の両方を含むグループを作成しました。このグループ分けは保存され、それ以後の検索にも利用できるようになっています。このほか、スターアライアンス、ワンワールド、スカイチームの各アライアンスの全メンバー会社を組み入れたグループ分けなど、あらかじめ保存されているものもあります。

ソース:Diio by Cirium(2022年8月15日時点のデータ)

即時分析の記事をぜひお読みください。新しい記事の公開時に通知を電子メールで受け取れるよう、ご登録ください

航空業界の「即時分析」の投稿をもっとお読みになりたい方は、こちらをクリックしてください。デモをスケジューリングして、航空業界のより詳細な分析にアクセスしてください。

RELX logo