航空貨物における8つのデジタルトランスフォーメーションの取り組み

航空貨物に対する長期的な需要ポテンシャルをつかむ上で最善の策となるのは、顧客からの信頼を高めると同時に、新たな効率化を模索することです。

物流の成功を突き詰めると、「オペレーショナルエクセレンス」と「顧客からの信頼」に行き着き、前者が後者を高めることが一般的です。eコマースの普及や、グローバルサプライチェーンの拡大、輸送における混乱の増大はどれも、事業環境をより一層複雑化する要因となりましたが、その半面、航空貨物の成長という機会ももたらしました。

航空貨物業界では、デジタル化に向けた多額の投資がなかなか進みませんでした。しかし、持続可能な成功を生み出し、成長機会を生かすには、企業がデジタルトランスフォーメーションに投資する必要があることが、ますます明らかになってきています。

「オートメーション」、「人工知能」、「ビッグデータ」、「5G」をはじめとするテクノロジーの話題は目新しいものではありませんが、達成が困難な夢物語として扱われがちです。それは、投資の費用対効果(ROI)を証明することが複雑で難しいためです。

航空貨物に対する長期的な需要ポテンシャルをつかむ上で最善の策となるのは、顧客からの信頼を高めると同時に、新たな効率化を模索することです

デジタル投資を簡素化し、そこから最大の価値を引き出す方法として、Ciriumの専門家が提案するのは、顧客との信頼関係の構築と重要な意思決定の向上に重点を置いたデジタルトランスフォーメーションを目指すポートフォリオアプローチです。

信頼を構築し、意思決定を促進するための一番の早道は、自社のポートフォリオから、不安、不確実性、疑念を取り除くことです。

そこでCiriumの専門家が、今日の事業環境のなかで、持続可能な成功を収め、リスクを最小限に抑えながら、成長を生み出すことを目的とした、8つのデジタルトランスフォーメーションの取り組みを特定しました。

 

1. 完全な透明性を実現し、積み荷に関するエンドツーエンドの可視性を関係者全員に提供する。

「Amazonエフェクト」と呼ばれることも、「カスタマーサービス」と呼ばれることもあります。顧客、カスタマーサービス、そして従業員がそれぞれ、積み荷について状態や現在位置、潜在的リスクの可能性を把握していることで、関係者の自信が大幅に高まります。

2. データを製品と価値提案に組み込む。

サービスの一環として顧客にデータを提供します。履歴、スケジュールオプション、定時運航率、運賃の推移、サーチャージなどの情報に顧客が容易にアクセスできるようにします。顧客が得られる情報が多いほど、その顧客ロイヤルティが維持され、自社が選ばれる可能性が高まります。

3. ユーザー重視の顧客体験を生み出し、自社サービスを差別化する。

使いやすいWebアプリケーションやモバイルアプリケーションを通じて、顧客が自分自身のアカウントを管理し、簡単なタスクを行えるようにします。これにより、カスタマーサービスや営業担当者は単純なルーティーンワークから解放され、より複雑なレベルで顧客に価値を提供することに集中できるようになります。

4. 利用できる重要な計画データを「民主化」する

スケジュールや計画の策定、さらには現場でのルート計画や輸送に関する意思決定を行う従業員が皆データにアクセスできるようにします。これにより、より迅速な意思決定が可能になり、データ中心の文化が構築されます。

5. 貨物輸送コミュニティを構築する。

航空貨物業界全体でデータ形式とアクセスを標準化し、業界内でのコミュニケーションとデータ共有を容易にします。輸出業者と貨物利用運送事業者の間の連絡や、貨物利用運送事業者と、運送業者、通関業者、地上手配業者、航空会社、および目的地でのコンテナ取扱業者の間のつながりが密であればあるほど、ミスの発生が抑えられ、関係者間のコミュニケーションが向上します。ソリューションには、標準化されたXMLスキーマのほか、e-Air Waybill (e-AWB) やe-Freightが含まれます。

6. 意思決定におけるボトルネックを特定し、データ駆動型のシナリオを構築する

代替ルートオプションなどのシナリオを事前に決めておくことで、スケジュールの遅延や機材の変更が発生した場合に、その調査や意思決定にかかる時間を大幅に短縮することができます。

7. 履歴データに機械学習を取り入れて、最も確実なルート、スケジュール、航空会社の決定に生かす。

8. AIや機械学習は、難しく考える必要も恐れる必要もない。これまでの履歴データと結果を用いてシステムに素早く学習させ、意思決定の最適化と、リスクの最小化につなげる。

これらの取り組みを通じ、顧客に対するより高いレベルの信頼と価値の提供、事業の改善、プレミアム価格での市場シェアの拡大につながることが期待できます。そして取り組みの中心となるのは、質の良いデータの収集、処理、管理を行う能力です。組織はまず、手元にあるデータを理解するとともに、必要なデータを取得し、それらを整理して、データが個々のアプリケーションやプログラムにとってアクセスしやすく、移動しやすいものになるよう取り組む必要があります。

 

この記事は4部構成のシリーズの一部です。 最新の記事をお見逃しなく。 今すぐここで購読してください。

以前の記事:

 


参考資料:

  • Ciriumの航空貨物用ソリューション
  • IATA:「IATA Air Cargo Market Analysis」
  • 「Ascend by Cirium Viewpoint」(2021年第2四半期版)、71号
  • 関連する製品とデータセット:
    • Cirium Fleets Analyzer
    • Cirium Diio
    • Cirium Dashboard
    • Ciriumフライト状況データ
    • Cirium Connect APIs

業界最高レベルの航空データと分析力で御社の競争力を強化しませんか?

お問い合わせはこちら