新世代ナローボディ機のリースレート下落

オーランドで開催された世界輸送航空機取引協会(ISTAT) アメリカ会議と、特に737 Max 8のリースレートの下落に関する多くの議論の後、Ascend by Ciriumは現在の市場リースレートをレビューし、この下落がどのようにおこったのか、またこれらの根本的な原因は何かを詳細に調査しました。

これらの市場リースレートの変化は、エチオピア航空事故後の最近の運行停止とは無関係であり、より広い市場リースレートの観察を反映しています。

最初のチャートは、737 Max 8およびA320-200neoとその前身である737-800およびA320-200シャークレットの新造航空機のプレミアムを追跡しています。 新しい航空機/エンジン変種のサービスを開始すると、一貫してリースレートが低下する一方で、先行機種は安定したリースレートを維持していることが明らかです。 これにより、リースプレミアムが減少し、2019年3月に、Max 8のリースレートが737-800のリースレートよりも低くなりました。 これは直観に反するように思えるかもしれませんが、この記事では、この現在の状況の根本的な要因について説明します。

2番目のグラフが示すように、Ascend by Ciriumは、現在発生している1バレルあたり2ドルのジェット燃料環境で、737 Max 8は燃料燃焼の削減に基づいて737-800を超える月額53,000ドルのリース料プレミアムを正当化できると考えています。 しかし、実際には、Maxマーケットでの激しい競争の結果、737-800のリースレートを下回りました。

2019年3月に、Max 8の現在の市場リースレートを12%削減しました。これにより、新造機は平均で月額$ 310,000になりますが、この数値の上下にリースレートが広がっていることがわかっています。 頭に浮かぶ疑問は、これらの低いリースレートで貸手がどのようにして利益を出すことができるかということです。 ある貸手は世界輸送航空機取引協会(ISTAT)で、リースレートファクター0.5は6%のリターンに関連しているが、間接費と減価償却費は金利も考慮に入れなくても既に少なくとも5%(これは既に保守的すぎると考えています)であるとコメントしました。 この場合、彼らの唯一の選択肢は、可能な限り早く損失を軽減するために、できるだけ早く別の貸手に航空機を受け渡すことです。

“ラスト オフ ザ ライン”の航空機は、加速する減価償却を補うために強力なリース率を必要とするため、737-800が過去数年にわたって安定したリースレートを維持していることは驚くべきことではありません。貸手が配置する航空機は5機しか残っていないため、航空会社の価格設定力は低くなります。 最初のチャートに戻ると、2016年から2018年の間に原油価格が上昇しているにもかかわらず、リースレートの圧縮は衰えずに減少傾向を続けていることがわかります。

新しい航空機の過去の市場リースレートファクター(LRF)と5年の財務スワップレートの分析は、以前はリースレートと金利の間に直接的な相関関係がありましたが、2008年の金融危機後に関連性が失われたことを示しています。

2016年に5年のスワップレートが約1%に低下したにも関わらず、2008年以降、LRFは大幅に減少しませんでした。 実際、2016年半ばから2018年末にかけて5年のスワップレートが上昇した間、上記のようにリースレートは引き続き低下傾向にありました。

明らかに、これまで歴史的に続いていたスワップレートとLRFの相関関係は失われました。

Maxの運行停止がどれくらい続くかによって、代理リフトの即時需要により、NGのリースレートが一時的に改善する可能性があります。

では、原油価格の上下と金利の変動のリースレートへの影響が少なかった場合、このリースレート下落の原因は何でしょうか?

貸手の競争と新しい貸手の参入が、リースレート下落に大きく貢献したようです。 2019年3月の時点で、稼働中または注文中のポートフォリオに737 MaxまたはNGを使用している貸手が103います。 これとは対照的に、10年前はこの数が49であり、2014年であっても貸手の数は78でした。わずか5年間で競争は約3分の1増加しました。

購入リースバック(PLB)市場での競争は引き続き激しく、利用可能なMaxまたはneo毎に通常25以上の入札者が競合しています。 我々は市場との議論から、交渉中、一定のリースレートファクターを前提とした場合、航空会社、特に信用度の高い航空会社は、前もって大きな販売価格を受け入れるよりも、低いリース価格で低い販売価格を受け入れると考えています。 これらの2つの要因は、Maxのリースレート下落に貢献しています。 明らかに、リースの需給動向がリースレートを動かしています。 これは、資本コストと返品の要件がある貸手にとって、航空機の価格設定時に留意すべき重要な課題になります。 今のところ、価格設定力は、航空機の配置と引き換えに低いマージンを受け入れることに満足しているように見える市場の小規模なプレーヤーにかかっているようです。

CiriumのFleets Analyzerによると、2019年が納期のMax 8のリース開始待ちの貸手の注文が現在少なくとも30機あり、2020年には少なくとも更に90機の予定があります。 2022年までの550以上の貸手へのデリバリー予定機材のうち、約27%が確定分となっています。このチャートから印象的なのは、この期間中、貸手は430 A320neosの納品のみを受け、そのうち39%がデリバリーされましたが、全体の貸手バックログは970機対770機でMaxを大幅に上回ることです。 このことから何がわかるでしょうか?A320neoの貸手は、納品をより長期間に分散することにより、市場への供給を削減し、リースレートのより良い保証を提示しているようです。 これは一般的ではなく、エスカレーションの中断に関して貸手がOEMから買い入れる必要がありますが、2023年以降のMax 8の納品延期は、供給がより厳しくなる中でリースレートの強化につながるでしょうか?

この問題をさらに悪化させるのは、内部構成を凍結する期限です。 これは通常、「Head of Version」航空機(つまり、特定の航空会社のその機材で最初の航空機)の場合は12か月です。 貸主がこの期間内に航空会社に航空機を納品しない場合、通常、ナローボディ航空機の標準2クラス構成で航空機を納品するように注文します。 これにより、構成にない航空機を航空機に追加する場合、リースの割引が必要になるため、借手の価格設定力が強化されます。

需給動態のさらなる変化により、リースレートがさらに下落するのか、それともリースレートが改善されるのかが決まります。 しかし、この変化はどのようにして達成できるでしょうか?

第一に、供給者は貸手統合により減少する可能性があります。 20の貸手が全世界のリースされた機材(バックログを含む)の73%を占めるため、139の貸手がリースポートフォリオの27%しか管理していないことになります。 今後数年間で利用可能なデリバリースロットが不足しているため、このブラケットの成長戦略のある貸手は、他の小さな貸手と統合する必要があります。「ツーリスト」資金が市場を離れる時、流動性の壁に後押しされた取引を積極的に追いかけてきた、小規模で新参の貸手らが業績悪化におちいるにつれ、比較的規模の大きく保守的な貸手の一部も好機を見るかもしれません。

この考えは、最近のISTAT Americaで、GECASのAlec Burger氏によって次のように述べられました。「過去2、3年で確実に収益が圧迫されており、ある時点でそれが一部のプレーヤーを業界から追い出す要因になるでしょう。 」

前述のように、貸手の延期は供給を減らす可能性がありますが、これの反対が航空会社の経営破綻であり、供給を増やす可能性があります。 もちろん、頭に浮かぶ最初の名前はジェットエアウェイズです。 3月25日の時点で、55機の航空機はリース支払いのデフォルトに基づいており、135機のMax機が注文または保管されています。

需要面では、有償旅客キロ(RPK)の観点から引き続き堅調な成長が見込まれ、市場でのより多くの航空機の収容能力の需要が高まります。 IATAは2019年にさらに6%の成長を見込んでいますが、2018年は上記のトレンド成長の9年目を表しました。

金利とリースレートの相関関係は切断されましたが、金利の大幅な上昇は債務のコストを押し上げ、貸手はこれを補うためにリースレートを上げる必要があります。 金利の上昇は、世界経済の強化とインフレを抑制するための要件と一致するため、このシナリオは、継続的な力強いトラフィックの増加と一致します。

同様に、石油価格が1バレルあたり80ドルのレベルに戻る場合(エネルギー/石油に対する需要の増加を推進する経済の強化と一貫して)、燃料の節約は航空会社に最新のテクノロジー航空機を操作するインセンティブを与え、リースレートはneoとMaxが既存のceoとNGを置き換えるこの需要に基づいて強化される可能性があります。 ただし、マクロ経済指標は現在、世界経済および地域経済の限界的な弱体化を示唆しているため、これら2つのシナリオが最終的に発生する可能性は現時点では低いようです。

むしろ、世界的な需要の弱体化の可能性が最も高く、この弱体化の軌跡は、供給が修正されない場合、リースレートにさらなるマイナス圧力をかける可能性があります。

リース市場の発展と成熟に伴い、Ascend by Ciriumは引き続き取引を監視し、現在の市場環境を反映するために、当社の価値とリースレートの意見が厳密に調整されていることを確認します。

Ciriumの価値観と助言サービスの詳細についてご確認ください。

サービス一覧はこちら