空港運営と航空会社の運航の視点で 機材変更に十分に備えるには?

機材変更に備え、オペレーションのためにMarket Alertsを活用

今日の運航スケジュール策定プロセスは、予測需要を満たすべく航空機の運航パターン計画を構築することが狙いです。

しかし、急な変更が生じた場合はどうなるのでしょうか。

どんなに入念な計画を練ったとしても、物事が必ずしも予想通りに運ぶとは限りません。厳密に管理された環境下で限られたリソースを駆使しながらのオペレーションを想定すると、変更に対する迅速な対応は、リードタイムのゆとりづくりから始まると言えます。

航空運航、地上、物流の成功は、スケジュールの変更管理にかかっています。しかし、キャパシティや時刻変更がすべてではありません。中には、機材のみがスケジュール上で変更の対象となる場合もあり、オペレーションに対し膨大な影響を及ぼす可能性があります。

機材変更に入念に備えるには?

情報を一番必要としている時、検索に費やす一瞬一瞬が永遠のように感じるものです。

貴社のチームで状況対応のための時間を最大化するには、担当する空港行(あるいは特定の空港行)の全便で発生する機材変更の最新情報を全て入手する必要があります。

そこで、モバイル端末に直接配信される特別なメールアラートをチームのために設定してみてはいかがでしょうか。

現在CiriumではMarket Alertsの提供により、スケジュール変更の詳細をいち早いタイミングで確認し、最新情報をオペレーション関係者に伝達、その結果対応の迅速化を図れるようお手伝いしています。このアラートがあれば、緊急計画を実行に移すタイミングや、リソースを変更すべきタイミングも察知することができます。

 

以下、Cirium ビジネス・ソリューションズ・アドバイザー Edwin Rukyalekereの実体験をご一読ください。

「南アフリカ航空で空港課長代理を務めていた時、任務の一環として南アフリカのヨハネスブルクにあるO・R・タンボ国際空港でRwandAir B737機が必要とする燃料、点検整備、清掃等を週4回監督していました。航空会社から事前に十分時間の余裕を持って機材変更情報を入手できていれば、空港運営プランニングに伴う諸課題を軽減する上で仕事が楽になっただろうと思います。Market Alertsがあれば、B737-800機がA320機に変更になった時に確認できるため、それに合わせて燃料とケータリングを調整できたことでしょう。また、機体が夜通しで駐機されたら直ちにどの工具が整備に必要か把握していなければならない整備チームにも同じことが言えます。

 

 

 

貴社が機材変更に対し備えを行う上で、Market Alertsは以下3つの視点でサポートいたします。

ポイント① 機材変更の際は、即座の対応が必要

通常ボーイング737機で運航されるフライトで、急遽ボーイング787機への大型化が決まったとします。航空会社のステーション・マネージャーや、空港運営者であれば、知らせを受けた途端に慌てるのは当然です。

この場合、事前にほぼ知らされていない状態で、直ちに行動に移さなければなりません。大急ぎで空港と航空会社両方の運営者に連絡を取り、ワイドボディ機に対応したゲートを確保する必要があります。Market Alertsがあれば、時間に余裕を持って関係者とのコーディネート業務やコミュニケーションを進めることができます。

ポイント② 機材変更の際は、即座のリソース変更が必要

仮に、あなたが空港で国際航空会社を対象にケータリングや燃料給油サービスを提供する企業のステーション・マネージャーだったとしたら、リソースの割り当て量を正しく設定するために、サービスを提供する対象機材を把握しておく必要があります。Market Alertsの場合、既存市場の機材変更情報がアラートとして発信されるため、それに応じてケータリング発注の増減や、手持ちの燃料所要量を計画的に判断することができます。

ポイント③ 機材変更の際は、スタッフへの通知が必要

航空会社は、一社の場合でもエンブラエルE-190機からボーイング787-10機にわたる複数の機材で運航することがあり、各サービス提供者は航空機が到着してから妥当な時間内に出発できるよう対応しなければなりません。

航空会社のスケジュールや機材変更情報がタイムリーに確認できなければ、貴社のチームの実績に響く恐れがあります。Market Alertsがあれば、十分早い段階で機材変更のアラートがスタッフ宛に届くため、サービスレベル要件同等、またはそれ以上の手荷物処理、ランプサービス等を効率よく提供することができます。

ニーズに合ったアラートのカスタマイズ方法

ご覧のとおり、様々な状況下においてチームのワークフローの成功がスケジュール変更アラートにかかっているといっても過言ではありません。一つ一つのアラートで確実に有意義な情報を入手したい、という方は、まずアラートの根本的な目的をじっくり考えてみるとよいでしょう。

アラートを設定する際に、シナリオを影響度別に分けることも検討してみてください。

  • 後々メールに目を通し易いよう、アラート名を設定する際にアクションに纏わる単語を入れるとよいでしょう。
  • 小規模で、かつ通常の運営で対処可能な機材変更については、「FYI(参考情報レベル)」アラートを作成します。
  • 貴社のサービスで大掛かりな再編成を要する一定の機材については、「Warning(警告レベル)」アラートを作成します。

収益、リソース、プロセスをいかに最適化するかが貴社の強みとなります。入念にスケジュールデータを監視することで、タイムリーな情報を駆使し、最適化のステップアップを図ることが可能となります。実に、貴社の競争力を高めることにつながります。

Cirium Market Alertsなら、市場の需要変化に対応できる上、競合他社のインサイトを毎日入手し、民間機の計画策定や空港のビジネス展開に活かすことができます。

チャンスをつかむために – Ciriumは貴社のお手伝いをいたします

貴社の成功をお手伝いするCiriumのソリューションについて詳細を紹介しています。

ソリューションを見る